top of page
  • 高野自動車工業

鈑金塗装の資格について

更新日:2021年8月24日


鈑金塗装/車体整備の仕事とは。


鈑金塗装は、車体のキズ、凹みや、大きくぶつかり

車体の骨格に損傷がある車などを、元通りに直す、いわば

車の外科医とも言える仕事です。


鈑金塗装にも車体整備士などの専門の国家資格があります。

その資格を持っていることは、フレームやボディー等の車体に関して

知識と技術を持っている証しであり、車体整備のスペシャリストです。

 

車体はどんどん高度化し、修理方法も難易度が高くなっています。

部材の進化や、センサー/レーダー/カメラ等を用いての走行制御をする

先進安全装備自動車の普及が加速しておりきちんとした知識、技術は、

必要です。知識、技術のないまま修正作業をすることは、その車の安全性

が保たれない可能性があります。

そういった分野では内科医も兼ねていると思います。


個人資格だけでなく、工場資格も鈑金塗装には必要です。

先に述べたように、進化する自動車に対してしっかりとした整備を行うために

事業者に対する資格も、令和2年4月1日から法改正となりました。

重要機能部位/保安基準に定められている装置の脱着、整備を行う為には

地方運輸局長等の認証、「自動車特定整備事業認証」が必要となります。


車体整備、鈑金塗装は間接的ではありますが、お客様の命に携わる責任ある仕事です。


資格を有することは、仕事をするうえでの責任、お客様への信頼にも繋がります。


車検はもちろんですが、鈑金塗装も車体に関する知識、技術、設備、そして資格

のある工場へ依頼されることをお勧めします。


弊社では、未経験、資格が無くても大丈夫です。働きながら、社内教育、外部研修を経て

資格の取得ができます。





Comentarios


bottom of page