top of page
  • 高野自動車工業

先進安全自動車と四輪アライメント

更新日:2021年11月26日

小山市高野自動車工業です。ホンダフィット、右後ろ損傷のお車の鈑金塗装です。車線変更時の接触事故になります。右リヤドア交換、右リヤフェンダー鈑金、リヤバンパー交換。鈑金塗装完了後は四輪アライメントテスターへ。右リヤ足回りは、タイヤとホイルキャップは交換ですが、足回りの損傷は見られておりません。だったら四輪アライメントまで施行しなくても良いのではないか、とおっしゃる方もおります。しかし、このお車は、先進安全自動車。先進安全自動車は、センサーやレーダー、カメラ等の予防安全装置が装備されており、車体中心軸と車体進行方向にズレが生じてしまうと、それらの電子制御装置が誤認識、誤作動を起こす可能性が出てきます。車体の進行方向を決めるのは、前輪では無く、後輪になります。足回りに損傷は無くても、今回の事故で少なくとも損害を受けている部分であり、安心安全にお車にお乗り頂くためには、「正常である」ことの最終確認を行い表現することも必要です。簡易的な計測では数値が出ず、お客様には「おそらく大丈夫でしょう」といった曖昧な説明しかできなくなってしまいます。その「おそらく」には、正常であるという確証はどこにもありません。安心安全にお車に乗る為には、安心安全な車体修復(鈑金塗装)が必要です。



Commentaires


bottom of page