top of page
  • 高野自動車工業

車体修復の重要性

更新日:2021年8月24日



前回のブログでは、HONDASENSINGU搭載のフリード修理の事例を紹介しましたが、まず修理前に走行テストをした動画をご覧下さい。車の状態としては、何かの構造物にバンパ―下側が接触。足回りに損害は無く、警告灯もついていません。しかし、走行をすると普通に真っすぐ走っているにも関わらず、前から来る対向車線の車にミリ波レーダーが反応し、警告ブザーと共に走行制御、ハンドルに振動が走り運転者に危険を知らせています。今回は、事故損傷によりレーダーが右前を向いてしまったために、対向車線の車を感知した状態ですが、もしも、きちんとした車体修復がされていなかった場合(例えば足回りが直っていない、車体骨格がきちんと修正されておらず、レーダーが違う方向を向いている等)普通に走行していても動画と同じ様な事が起こりえる可能性は十分あります。先進安全自動車は、車体中心軸と車体の進む方向に誤差が生じた場合、先進安全装置が人や物を感知しない、また逆に感知してしまい、誤認識、誤作動を起こしてしまう可能性があります。「エーミング」という言葉が大きく目立ちますが、エーミングを行う際は、車体アライメントと、4輪アライメントが正確な事が大前提となっており、この2つが先進安全自動車の車体修復に重要な部分となります。

先進安全自動車は、先進技術を利用してドライバーをサポートし、安全を支援するシステムを搭載した車です。その機能を十分に発揮し安心安全なカーライフを過ごすためには、安心安全な車体修復のできる車体修理業者(鈑金塗装業者)に事故修理を依頼することが大切です。

当社は、分解整備認証と電子制御認証そして先進安全自動車対応優良車体整備事業者の認定も受けていますので、先進安全自動車の修理も小山市高野自動車工業へ安心してお任せください。


Comments


bottom of page